映画を描いて絵を練習するブログ

絵の練習に励んでいます。なので描く映画はおもしろい映画というわけではなくそのときにみた映画です。

グッドフェローズ〈食べるのと殺すのの話〉

 

グッドフェローズから。

この映画、長かったりでみれていない映画という認識でいて、

「やっとみれるわ〜」って思ってたのですが

先が読める読めるで

「この映画は教科書のように偉大だからぱくられまくってんだな」

とか納得させてたけど黒人の少年が出てきて

「危ないよ!」って思ったときに

「あっこれみたことあるな」と確信しました。

そのあとは答え合わせってかんじだった。

 

今回みてすごくかっこいいシーンが多いなと思いました。

食べ物が出て来るシーンがよく印象に残っています。

厨房の中ひらりひらりと歩いていくシーンとか、

最後ジミーとお話するシーンとか。

f:id:rn202u:20160729015058j:plain

あとはここ!

これは刑務所入ってもおいしい料理つくって

ちょっと楽しんじゃってるシーンですね。

にんにくをうっすくスライスしてるとことかたまりませんね。

 

最後もソースのことばっか気にしてるしね。

人めちゃくちゃ殺しながらもおいしいご飯食べるっていうのは

普通の人では難しいけどギャングの日常では自然なことで、

わたしも自然におもえてた。

映画をみている間は殺しも身近なことになって変な感じです。

 

こないだは古谷実さんの描いた「ヒミズ」の漫画を読みました。

それもそんな感じだった。殺しがめちゃくちゃ身近でした。

 

読後は不快になるだろなと思ってたけどむしろ逆で、

あ〜ほんとの自分の世界はまだあそこまでじゃない!という

感激・快感がありました。物語はすごいです。