映画を描いて絵を練習するブログ

絵の練習に励んでいます。なので描く映画はおもしろい映画というわけではなくそのときにみた映画です。

〈エイミー、エイミー、エイミー!〉不思議な気持ちにさせられる

英語も練習するぞって思ったらすごく面倒になってしまったので

たまににします。

 

『エイミー、エイミー、エイミー!』から。

 

妹役のブリー・ラーソンが、可愛かったな!

 

セックスアンドザシティみたいな感じですかねえって

先輩に観る前言ったら、

何倍も下品やろうけどなって言ってて、その通りでした!

 

 

f:id:rn202u:20170610011219j:plain

 

相手役のお医者さんは最初は全然タイプじゃないなって思うけど

すごく好きになってきますよ。最後は本当によかったね。

何をみさされてるんだろうって気持ちと楽しい気持ちが

一緒になるような不思議な気持ちでした。

 

 

www.youtube.com

バッドガイズ!!〈スタイルよすぎると巨人にみえる〉

 

War on Everyone(バッドガイズ!!)

 

I was attracted to this movie when I saw the poster.

A handsome man gave audiences the finger.

There was another man who had a bad face.

And they seem police officers! It's too bad guys.

The name of a handsome man is Alexander Skarsgard.

He was elected 3rd rank of "The 100 Most Handsome Faces of 2015".

I felt it is a movie just to enjoy his attractive.

He is tall, has a small face, and has a beautiful hair color.

Now,I can remember only these. Because I slept! Very funny!

But I was able to follow the story after I slept.

Maybe, the story is very simple.

Main characters VS villains.

To kill or to be kill.

------------------------------------------------------------------- 

f:id:rn202u:20170304012842j:plain

今回はエキサイト翻訳であまりうまくいってませんが、どうなのでしょうか。

とにかく見所は、この中指たててるハンサムガイのイケメン具合です。

このすっきりとした髪型が好きです。

キャラ的には特にかっこよくなく、昔ながらのワルいやつって感じです。

ときどきスタイルがよすぎて、巨人にみえます。

キャプテン翼とか日ハムの大谷くんを思い出します。

予告編、おもしろそうですよね。

本編、途中寝てしまったからなんとも言えません。

 

 

www.youtube.com

トッド・ソロンズの子犬物語〈スペシャルな黒豆の目〉

 

wiener-dog(トッド・ソロンズの子犬物語)

 

I have a wiener-dog. It's a very cute kind of dog.

The story is a black comedy story. So It's not a cute story.

I knew the last scene. The terrible scene!

But I wanted to watch it. Because the scenes were beautiful when I watched the trailer.

It's blue green walls and wiener-dog's beautiful combination!

And Todd Solondz said he never hurt dogs. I felt relieved.

-------------------------------------------------------------------------------

f:id:rn202u:20170302011013j:plain

 

疲れたからここまで。エキサイト翻訳ではうまくいっていますよ。

とくにthe terrible scene!のところ。ひどい場面!やって。おもしろい。

ほんとうにひどい場面なんですよ。

 

うちでもダックスフンドを飼っています。

ラストはちらっと人から聞いて知っていたので覚悟を決めて観た。

トッドソロンズ監督が子犬を傷つけたりはしてないっていうのも

知っていたので、覚悟を決めるのは割と簡単でした。

どうしても観たかったのは予告編での青緑の壁などの光とダックスフンド

とても絵になっていてきれいだと思っていたからです。

みてみてやっぱりきれいでした。

引き取り手1の奥さんがめちゃくちゃキレてるときに

左の窓の奥の庭で小さくキャッキャと遊ぶ犬と子どもがいるのが

お気に入りのシーンです。絵になってました。

汚物も、絵になってました。

 

本当のラストは知らなくて、そこにいくためのあれだったのね、と思ったら

なるほどブラックジョークですね。

誰も虐待とかはしてなくて、むしろ寂しい引き取り手たちは

ウィーナードッグに救われてすごくいい目で犬をみていました。

でもいい話にならないのは、ペットという人間との関係自体が

歪んでいるといえるからかなとも思いました。

 

もちろん、犬の目はいつでもスペシャルに潤い輝いていて、

まるで黒豆の目で人間をみるのであります。

犬は本当に素晴らしい顔をしています!

 

 

www.youtube.com